toggle
2018-10-20

びわの葉の話

びわの葉のお話

古代から自然療法として使われているびわの葉

中国の明の時代に書かれた漢方の本『本草綱目』に
【枇杷の葉は胃腸の毒素を流し、呼吸器の炎症を鎮め
顔のおできを治し、足のしびれや痛みを取り除くなどの薬効がある】
と書かれています。

日本に、びわの木が入ってきたのは弥生時代と推測されていて
奈良時代には本格的にびわの葉療法の知識が伝えられ
仏教医学のひとつとして全国に広められました。

今でも、びわの葉茶やびわの葉エキス、びわの葉湿布、びわの葉湯などの
自然療法を生活に取り入れている方も少なくありません。

『びわの木は医者いらず』と呼ばれていて優れた効果効能があります。

びわの葉だけではなく、びわの実や種にも
葉と同じ効果効能があります。

効果効能
殺菌、抗ウイルス、抗炎症、鎮咳、去痰、嘔吐抑制、

滋養強壮、疲労回復、食欲増進、下痢止め、やけど、湿疹、

あせも、咳止め、ぜんそく、かゆみ、口内の傷、口内炎、

歯槽膿漏、のどの腫れ、健胃、むくみ、利尿、ねんざ

胃腸のもたれ、夏バテ、食中毒の予防、肩こり・腰痛改善、ダイエット効果、

アトピー性皮膚炎、新陳代謝の促進、ニキビ、肌荒れ、美肌効果 etc

こんなに、効果効能がある万能薬なので医者いらずと言われる理由がわかります。

びわの葉の使い方は次回に続く

えみ