toggle
2020-04-14

副菜として使える【春キャベツのコンソメ煮】保存食8

旬のお野菜を食べて免疫力アップ

旬の春キャベツや新玉ねぎや新じゃがが美味しい時期になりました。

日本には四季があります。

四季のサイクルで、旬の野菜や魚などを食べること免疫力や自然治癒力を高めてくれると言われています。

キャベツはビタミンUを多く含んでいるのが特徴

ビタミンUは、胃や十二指腸の健康を保つことに優れています。

ビタミンUは別名キャベジンと呼ばれており、胃腸薬のキャベジンはココからきています。

ビタミンCも含んでいるので風邪予防や美肌にも嬉しいお野菜です。

お野菜ざく切り簡単

【春キャベツのコンソメ煮】

材料

春キャベツ

新玉ねぎ

新じゃが

小松菜

ニンニク

鶏肉

コンソメ

粗挽き胡椒

オリーブオイル

作り方

春キャベツをざく切り4等分に切りました。

新玉ねぎも大きめであれば2等分小さめなら1個丸々ニンニクは皮を剥きそのまま2かけら入れる

すべて、の材料を大きめに切って下さい。

材料をお鍋に入れて

お鍋半分くらいにお水とコンソメを入れ

蓋をしてグツグツ煮るだけ

お野菜が柔らかくなったらOK

味が薄ければお塩で味を整えて

最後に粗挽き胡椒とオリーブオイルをたす

出来上がり

多めに作って

冷蔵庫に保存3〜4日は食べれます。

カレー粉を入れて味の変化を楽しむのもありですよ

 

旬のお野菜で元気もりもり

みなさまが健康で

みなさまの大切な人が健康でありますように。

えみ