toggle
2018-06-22

レトルト食品を美味しくサバイバル料理

レトルト食品、缶詰など

そのまま、食べるのもいいですが

アレンジ一つでさらにおいしい料理に変身します。

しかも、少ない水でも濁った水でも鍋一つで色んな種類の

美味しいごはんがいっきに作れます。

※カセットコンロ、ペットボトルの水は常備しましょう。

いつも、お風呂の水はためておいてください。

 

用意するもの

カセットコンロ、ジップロック、食品用ビニール袋、
割り箸、ペットボトルか給水の水、
風呂もしくは蛇口から出る濁った水は調理用

今回、使用した物
レトルトナポリタンソース、
カレー缶詰(いなばタイカレーおすすめ)、
コンソメスープの素、
冷蔵庫の野菜(キャベツ、人参、玉ねぎ等)、
米(あれば無洗米)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無洗米1カップと水1,3カップを
食品用ビニール袋に入れて割り箸を突っ込み
縛る(空気穴を作っておくと破裂しない)

レトルトナポリタンと同量の水、
ちぎったキャベツ、野菜をジップロックに入れて
空気を抜いて閉じる。

ちぎったキャベツ、もやし、コンソメスープの素
を食用ビニール袋に入れて口を結ぶ

全てを大きめの鍋に入れ水を入れる。
この水は風呂のため水、大人なら水道の水でも可
コンロの火にかけ野菜や米が炊けるまで
沸騰させる。

炊けたご飯に缶詰カレーをかける
レトルトナポリタンはミネストローネスープに
キャベツ、モヤシの温野菜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鍋汚さず水も最小限でお料理ができます。

この、食品用ビニール袋やジップロックを使った調理方法は

忙しい時間に作る、朝ごはんやお弁当作りに役に立ちます。

日常生活に取り入れてみると便利です。

 

恐怖から来る買い占めや配給を待つだけの受け身は一番最後の姿に取っておきましょう。

 

野外料理ではなく、サバイバル料理。

自力で生き抜く事を楽しく考えましょう。

写真は昨年サロンでのサバイバル講座より