toggle
ブログ
2017-11-21 | お仕事観

主語を私にする事

「私はこう思う」

主語を
夫や子供にせず
自分を主語に置き換えると
人との関わり方が変わる。

お客様が…
主人が…
うちの子供が…

この言葉ではじまった
文章の責任者は誰?

主語をお客様、夫、子供にすることによって
無意識に責任転換をしてしまう行為は
幼稚な人だと私は判断します。

プレシャスセラピストスクールの講習中
私がセラピストの心得として話す言葉

主語を私にして自分軸をずらさないからこそ、
息の長いセラピストとして成り立つと
思っています。

2017-11-20 | お仕事観

見えてる世界はあなたと違う

あなたのベストが私ベストではない

時々されるご相談に

〇〇で
色んな専門家に様々なアドバイスを
受けたが
自分は何を信じていいかわからない。

どれがいいんですか?

 

この内容
ご自分である程度調べて
お勉強されてる方からは
以下の言葉に変わります。

〇〇で
この様な方法があるが
私は今までの経験上
こんな風に感じる。

どう思われますか?

専門家は目の前にいる
あなたに対して
ご自分が見ている世界の中の
ベストをあなたに渡しています。

私がいる世界の中で
あなたは〇〇に映ります。
そのためこの様な
ご提案をさせていただきます。

あなたが見ている世界は
あなたにしかわかりません。
感覚を言語化しようと思ったら
少しは調べて、
自分のからだで体験しましょうよ。

専門家はそのお勉強を
あなたより多めに勉強して
体験してるに過ぎないんですよ。

感性はあなたの方が優れている
可能性があるという事を
お忘れなく。

2017-11-19 | 風水

風水コンサルタントが出来ること

企業様の訪問鑑定依頼を受ける時

以下のご相談が多いです。

人材の安定と業績向上。

風水で鑑定できること
依頼された建物が
生産性のあるエネルギーを持っているか
ご依頼主がそのエネルギーを
うまく使う事ができているか
です。

その二つがうまくかみ合うことにより
ご依頼主が持っている、商売の目利きが
よりうまく働いていくのです。

 

土地と建物の持っている資質と
ご依頼主の資質が
違う事が時々あります。

 

もったいないなと思うとき
経済を回すエネルギーを持っている
建物のなのに、入居者である
ご依頼主の資質が伴っていない事。

 

企業の内部がゴタゴタしてしまいます。
人材が落ち着きません。

不思議と、経済を回すエネルギーを持っている
クライアントさんは、
繁栄しない土地や、建物を
本能的に嗅ぎ分ける力をお持ちの方が
多いのです。

 

土地の資質とご依頼主の資質がちぐはぐな時

少し時間をかけてご本人とすり合わせをしていきます。

問題点が分かると動きやすくなります。

1 2 3 4