toggle
風水
2018-07-31 | 風水, ブログ

無いのなら作ってしまえお気に入り

ピエールフレイ
シノワズリ柄

無いのなら作ってしまえお気に入り

芦屋サロンのテーマは「シノワズリ」
18世紀にヨーロッパで流行った
中国様式装飾。

家具を見に行っても思いっきり李朝家具
しかなく、気に入ったモノが
なかなか揃いません。

ヘレンド などの高級食器や
ピエールフレイなど高級カーテン生地に
シノワズリ柄が使われてます。

先生にレッスンでご無理をお願いして
トレイなど作りました

ゴルチェのお茶箱

高級生地は
高級家具に匹敵するオーラを発します。

という事は、面積を取るカーテン生地などは
可能な限りいいものを使うと
空間のグレードが上がります。

トレイも、椅子の布貼りも出来てしまいます。

え?私が作るのか?という声が。
大昔手芸部でした。不器用ではないと
思います…。
ただ時間がかかるだけ。

 

2018-02-12 | 風水, ブログ

400年前のものって使ってる?

環境がつくる底力を人間は忘れている。

和歌山にあるあららぎ島の棚田

約400年前江戸時代から使われているそう

災害のたびに、あぜ道を何回も修復し

米の収穫とともに

今はその景観が観光スポットになっている。

循環型社会の見本のような地です。

風水の考え方も土地のエネルギーを目的の応じて循環させること

循環させながら、まわりの景観を損なわずに地域を発展させる

という考えの下で創られた地区は災害にあっても復活し

今でも経済が循環して残っています。

大きな都市でも小さな村でも規模が違うだけ。

今は自分の一族や地域のみが反映する風水の取り入れ方より

地域、国、地球までを包括して考えている風水の考え方

を持った土地や空間が繁栄していきます。

2018-02-02 | 風水, ブログ

からだも家も魂をいれる器

マッサージの仕事をしているのに、どうして風水なのか?
ときどきこのような質問を受けます。
私からすればからだもお家も魂を入れる器なので
まったく同じカテゴリーなのです。

こんな事例があります。

いつもからだが冷たくマッサージをしても
次回来られると同じ状態。
メンタルもとっても湿っぽくなっており
クライアントさんが本来持っている資質と違う現象が
からだに起きているとき。

お住まいになっている寝室や、窓、そして風の通りに
問題がありました。
それらを改善していただくと、自然に不都合な現象がなくなってくるのです。

 

からだも、体質に合った食事や服装をしないと
体液が滞り、いろんなトラブルが起きてくる事と
考え方は全く一緒。

食事で滞りを防ぐか→薬膳、酵素食など
マッサージで滞りを取り除くか
エッセンシャルオイルで現象を緩和させるか。

どのような角度からでもアプローチできますよ。

1 2