toggle
2020-04-03

副菜として使える【手作りなめ茸】保存食2

いつでも手に入る食材で保存食

えのきは、きのこの中でも「ビタミンB1」が豊富。「ビタミンB1」は疲労回復が期待できるといわれています。

それだけではなく、食物繊維、ビタミンB類、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ食材といえます。

えのきはいつでも手に入る食材です。

今回も簡単に作れて

副菜として使える手作り保存食

自家製なめ茸

2020enokihozonnsyoku

約30分で作れてすぐ食べれます

材料

えのき 大一袋

醤油 大さじ2

みりん 大さじ2

酒 大さじ2

砂糖 小さじ2分の1

顆粒出し ひとつまみ

酢 小さじ2分の1

お好みで すりおろし生姜

 

作り方

えのきの石づきを切り

3等分に切る。

石づきに近い部分はほぐす

2020enokidakehozonnsyoku

 

小鍋にえのきと調味料を全部いれる

2020jikaseienokunonametake

今回は、体を温めるために生姜ひとかけらをすりおろして入れました。

2020hiesyousyouga

木べらなどで、かぎぜながら

中火でグツグツなるまで煮る

2020nemetaketukurikata

グツグツしてきたら弱火にして

えのきがしんなりして

水分が減り

とろみがつくまで煮る

(水分を完全に飛ばす必要はないです。

とろみのある汁気をある程度残します。)

2020jikaseinametake

余熱が冷めてから

清潔な瓶などにいれて冷蔵庫で保存。

1週間は持ちます

2020jikaseinametakehozonnsyoku

ご飯にのっけて

冷奴や、湯豆腐、茹でたじゃがいもにものせて食べるのもおいしい。

さらに、茹でた小松やほうれん草に

なめ茸を絡ませるだけでお浸しにもなります。

 

みなさまが健康で

みなさまの大切な人が健康でありますように。

えみ